読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サルでもできるiOSアプリ公開手順~App store 登録~

「誰にでも出来る」をテーマにiOSアプリをApp storeにリリースする手順を紹介するブログ






サイト内検索

目次へ



IDFA

f:id:examination_03:20150221151153p:plain

詳細手順目次・フローへ。ウッキー!

 

 

アプリのアップデートを行う際に、広告識別子(IDFA)に関する質問がありました。

そもそも広告識別子(IDFA)とは何か調べてみました。

 

広告識別子(IDFA)・・・Appleが発行する広告用のID

 

iOS6以降、各端末に固有のID(UDID)に代わり、

この広告識別子(IDFA)が登場したようです。

 

この広告識別子(IDFA)の大きな機能としては、

ユーザーによりいつでもリセットできるということです。

 

どのような効果があるのかというと、

iOS6以前ではユーザーの行動(ウェブ閲覧履歴など)を追跡し、

マッチングする広告を表示させる所謂ターゲット広告というものが可能でしたが、

この広告識別子(IDFA)により、iユーザー側で追跡型広告を制限可能になりました。

 

端末での設定方法は以下の通りです。

iPhone設定 [一般] >[情報]>[アドバタイズ] >トラッキング制限をオン

 

 


サイト内検索

 

目次へ

iOSリリース手順目次


はじめに

※バージョン別リリース情報

手順① AppleIDの作成 ~iOS Developer Programを登録~ 

手順② iOS Dev Center へ登録 ~Member Center への登録 ~

手順③ iTunesConnectにてアプリ情報を登録 

手順④ 新Test Flight等 でデザイン・動作確認

手順⑤ 審査前のテスト課金 

手順⑥ Appstoreへリリース・審査提出 

手順⑦ 再審査の際の申請手順 

手順⑧ iOSアプリアップデート手順 

 

番外編① 審査・リジェクト対策をしっかりと行う

番外編② iOS関連各エラー対策・FAQ ※高頻度更新中

番外編③ iOS SDK導入方法 

 

 

順調に進めば手順①~⑥で審査が通過します!!

Reject(審査落ち)された場合は手順⑥、番外編①②を参考に再申請

iOSアプリアップデートの際は手順⑧を参考に申請