サルでもできるiOSアプリ公開手順~App store 登録~

「誰にでも出来る」をテーマにiOSアプリをApp storeにリリースする手順を紹介するブログ






サイト内検索

目次へ



iTunesConnect 内TestFlightでデザイン・動作確認

f:id:examination_03:20150221151153p:plain

詳細手順目次・フローへ。ウッキー!

 

 

2015/2/26

旧TestFlightはサービス終了になります。

 

旧TestFlight(終了)

https://testflightapp.com

 

 TestFlightとは

アプリをAppStoreで公開をする前に、開発者が動作確認を行ったり、

クライアントに動作確認をしてもらう為のサービスです。

デザインの調整と動作確認が目的となります。

 

iTunesConnect リニューアルにより

iTunesConnect側にTestFlightが組み込まれた為

TestFlight独自ではなく、iTunesConnect 内にて

アプリ配布が出来るようになりました

 

新TestFlightの機能・特徴

特徴

内部テスター・外部テスターを使用した

アプリ配布方法が2通りあります

 

①内部テスター

目的:

リリース前にデザイン・動作等を確認できる

 

仕様:

・審査なし

・1ライセンス25ユーザーが上限

・1ユーザーは、10台のデバイスが上限

・アップロードしたアプリの有効期限は30日

期限切れの際はiTunesConnect へのバイナリアップロードが再度必要

 

②外部テスター

目的:

リリース直前に特定のユーザーにベータ版を配布できる

審査が必要な為、課金部分等を含め、ほぼリリースに近い状態でないと

審査が通せません

 

仕様:

審査あり(最大1日程度)

※Appleのガイドラインに沿った審査になるが体感では少し甘め

1000人のユーザーベータテスト可能

・アップロードしたアプリの有効期限は30日

期限切れの際はiTunesConnect へのバイナリアップロードが再度必要

 

注意事項

・テスト用のデバイスのOSはTestFlight専用アプリが対応していない為

8.0以上である必要があります。

 

・内部テスターには審査がありませんが、

外部テスターには1日程度の審査があります

 

内部テスターの登録手順

 

iTunesConnect 内からアプリビルド

以下を参考

・アプリ申請手順

http://examination-03.hatenablog.com/entry/2014/08/08/000000

 

iTunesConnect ユーザーの登録

iTunesConnectにログインし以下を選択

マイApp ⇒ プレリリース ⇒ 内部テスター ⇒ ユーザーと役割

 

③「ユーザー」右の「+」ボタンをクリック

追加したい内部テスターの情報を入力し「次」

姓:なんでも

名:なんでも

メール:実記テストしたい端末で確認できるアドレス

※以降テスト用AppleIDとなります

 

④アラートでますがそのまま「次」

⑤権限をきかれるので何か選択し、「次」

通知の設定ですが変更する必要がなければそのまま保存を選択

⑦確認メールが登録したアドレス宛に送信された旨記載がでる

対象端末を確認

TestFlightからメールがきているのでTestFlightのアカウントを登録 

メール内にて active your acccount を選択

⑨パスワード、アドレスを登録するページに飛ぶので必要情報を登録し

アプリをインストール

⑩以下よりテスター登録されていることを確認

マイApp ⇒ プレリリース ⇒ 内部テスター ⇒ ユーザーと役割

iTunesConnect ユーザー

 

内部テスターとして登録

⑩の画面から該当アドレスのリンクをクリック

 

⑫右端の項目の「内部テスター」のスイッチを有効にして保存

マイApp ⇒ プレリリース ⇒ 内部テスター ⇒ ビルド

テストバージョンの右上にある「TestFlightベータ版テスト」ボタンをオンにします。

 

⑭招待メールを配布します

マイApp ⇒ プレリリース ⇒ 内部テスター

対象アドレス左のチェックボックスにチェックを付け「招待」ボタンを押す

 

TestFlight アプリインストール

届いたメールを開き「Open in TestFlight」ボタンを押し

TestFlightのアプリをインストール

 

アプリが起動し詳細画面が表示されるので「install」を押す

⑰インストール後「Open」ボタンでアプリ起動

 

 

f:id:examination_03:20150221151153p:plain

外部テスターの登録手順

 

iTunesConnect 内からアプリビルド

以下を参考

・アプリ申請手順

http://examination-03.hatenablog.com/entry/2014/08/08/000000

 

外部テスターの登録

iTunesConnectにログインし以下を選択

マイApp ⇒ プレリリース ⇒ 外部テスター

 

③「テスター」右の「+」ボタンをクリック

追加したい外部テスターの情報を入力し「次」

姓:なんでも

名:なんでも

メール:実記テストしたい端末で確認できるアドレス

※以降テスト用AppleIDとなります

 

追加の旨通知がでますがそのまま「追加」

 

マイApp ⇒ プレリリース ⇒ ビルド

上記にて「ベータ版App Review への送信」をクリック

記入がおわったら「送信」を押す

 

必須項目

テスト対象:テストしてもらいたい機能

Appの説明:どういうアプリか

フィードバックメールアドレス:連絡の取れる連絡先

マーケティングURL:該当を記載

ベータ版Appレビュー情報内連絡先情報

 

⑤ステータスが変更される

マイApp ⇒ プレリリース ⇒ ビルド内

対象バージョンの「外部」の項目が「レビュー審査待ち」になる

 

Apple側の審査まち

遅くても1日程度で審査が通るようです

2,3時間~1日

 

⑦審査完了後

⑤で確認したステータスが招待の送信」に変更される

マイApp ⇒ プレリリース ⇒ ビルド内

 

招待の送信がリンクになっているのでクリック

⑨送信リンクを押すと「外部テスターを~人招待しますか?」

とでるので招待」をおす

 

TestFlight アプリインストール

届いたメールを開き「Open in TestFlight」ボタンを押し

TestFlightのアプリをインストール

 

アプリが起動し詳細画面が表示されるので「install」を押す

⑫インストール後「Open」ボタンでアプリ起動

 

 

 


サイト内検索

 

目次へ

iOSリリース手順目次


はじめに

※バージョン別リリース情報

手順① AppleIDの作成 ~iOS Developer Programを登録~ 

手順② iOS Dev Center へ登録 ~Member Center への登録 ~

手順③ iTunesConnectにてアプリ情報を登録 

手順④ 新Test Flight等 でデザイン・動作確認

手順⑤ 審査前のテスト課金 

手順⑥ Appstoreへリリース・審査提出 

手順⑦ 再審査の際の申請手順 

手順⑧ iOSアプリアップデート手順 

 

番外編① 審査・リジェクト対策をしっかりと行う

番外編② iOS関連各エラー対策・FAQ ※高頻度更新中

番外編③ iOS SDK導入方法 

 

 

順調に進めば手順①~⑥で審査が通過します!!

Reject(審査落ち)された場合は手順⑥、番外編①②を参考に再申請

iOSアプリアップデートの際は手順⑧を参考に申請